個人信用情報機関(個人信用情報センター)

クレジットカードが作れない!ローンの審査に落ちる!といったクレジットに通らない方の為の総合情報サイト

脱!クレジットカード審査落ち / 審査の基本 / 個人信用情報機関について

個人信用情報機関について

私達ユーザーが、健全なクレジットライフをおくれるように、クレジットカード会社が必ず加盟しているのが、個人信用情報機関と呼ばれる組織です。そこでは、加盟会員であるクレジットカード会社が、消費者のクレジットに関する情報を、収集・提供する事を業務としています。

主要な個人信用情報機関は現在では3社ありますが、ここでは審査に関する大局的なことをご紹介します。各個人信用情報機関について詳しく知りたい方は、「個人信用情報機関カテゴリ」をご覧ください。

それでは、詳しくふれていきましょう。

※このページでは、個人信用情報機関に加盟しているクレジットカード会社を(信用機関に対しての)「会員」と呼ぶ事があります。

どういった内容が記載されているの?

それでは、どういった内容が記載されているのか、一例を見てみましょう。個人信用情報機関にはいくつかあるのですが、各機関によっては同じ事を指していても若干言い回しが違ったり、掲載自体がないものもあります。

本人に関する情報

一個人を識別するための情報です。勤務先・勤務先電話番号は記載されていない場合もあります。必ずしも、最新の勤務先が掲載されているわけではありません。

契約内容に関する情報

申し込みをした時の内容に関する情報です。これをみれば、クレジットカードなのか保証契約なのか等が分かります。ただし、登録会社名は他の会員(クレジットカード会社等)から見えません。(ただし、会員による登録の癖によって、場合によっては大体検討がついてしまう事もあるとの噂)

支払いに関する情報

いくらの請求がきて、きちんと支払いがあったのか等の情報が記載してあります。ここを見れば、支払いがきちんとなされているのか、延滞があるのかが分かります。(支払い状況については、延滞情報以外を載せない会社もあります)

どういった時に登録・照会されるか

クレジットカードやショッピングローン、消費者金融を利用する際に、規約をよくご覧になってください。規約中には必ず、信用情報機関に照会・登録するといった記載があるはずです。

これはどういう事かというと「1. 申し込みをした時」と、「2.申し込みが成立した時」に信用情報を閲覧したり、登録するよという事です。では、もう少し細かく見てみましょう。

金融商品の申し込みをした時

例えばクレジットカードを申し込んだとします。するとクレジットカード会社は、審査の為に個人信用情報機関に申込者の情報があるか、照会をかけます。その際に申し込みをした事実・つまり申込情報が登録されるのです。

申込情報は、氏名・生年月日・電話番号・郵便番号・照会日・申込区分・照会区分・契約予定額・支払予定回数・商品名略称・登録会社名などが登録されます。後述しますが、短期間に「申込み情報が多く登録されている状態」になると、俗に言う「多重申込の状態」となり、クレジットカードなどの審査は非常に厳しくなってしまいます。

(関連事項、多重申込が審査に落ちる理由も併せてご覧ください。)

ちなみに、申し込みの事実が登録される期間は各信用機関によって異なりますが、最長でも半年で消えるか、クレジット会社に見えなくなります。

契約が成立した時

契約が成立(つまり審査に通る事)すると、成立したという情報が、改めて個人信用情報機関に登録されます。具体的には、氏名・生年月日・電話番号・住所・契約年月日・契約の種類・商品名略称、勤務先、勤務先電話番号などが登録されます。

つまり、一度申込みをして、それが審査に通ると、申込情報と成約情報の二つが個人信用情報機関に登録される事になります。こちらも詳しくは後述しますが、申込情報が登録されているのにも関わらず、直後に成約情報がないと、客観的に見て審査に落ちたと事が分かります。

個人信用情報は自分で変えられる、すなわち審査落ち対策ができる!

登録された個人信用情報は、クレジットカード等の金融商品を申し込んだ時に照会・利用されます。申し込みを受けた会社は、その人物に信用を与えて良いかを、信用情報を多分に頼って審査するのです。

自分の属性はそう簡単に変えられないかもしれませんが、個人信用情報は、自分自身で少しづつ良い方向に変える事ができます。クレジットカードの審査に落ちた方は、まずこの個人信用情報を良くする事を最重要ポイントに置いてください。ちょっと簡単な事を理解するだけで、何も知らないよりもずっと良い個人信用情報を作り上げる事ができるでしょう。

その方法は、耳にした事がある方も多いかもしれませんが、クレジットヒストリーを積み重ねるという事です。上手にクレジットヒストリーを積み重ねる方法は、事項、クレジットヒストリーとは!?をご覧ください。