高校生でも作れるVISAカード

クレジットカードが作れない!ローンの審査に落ちる!といったクレジットに通らない方の為の総合情報サイト

脱!クレジットカード審査落ち / このカードを推薦します / あおぞらキャッシュカード・プラス

あおぞらキャッシュカード・プラス

※注:こちらは厳密にはクレジットカードではなく、デビットカードです。

あおぞら銀行から2013年、新しくVisaデビットカードが登場しました。スルガVISAデビットカード等とならび、Visaデビットの選択肢の一つとしてお勧めできます。

カードの特徴

あおぞらキャッシュカード・プラスの、特徴をまとめてみます。

0.25%の還元率(年2回の自動キャッシュバック)

VISAデビットカードは還元率が低いカードが多いですが、あおぞらキャッシュカード・プラスは0.25%の還元率です。この数値は、VISAデビットの先駆けである、スルガVISAデビットカードの0.2%還元よりも高いですね。

さすがに一般的なクレジットカードの0.5%還元には届きませんが、半分とは言え、無料VISAデビットカードにしては高還元率です。

クレジットカードの場合は還元率が高くとも、ポイントを失効させてしまえば還元0になってしまいますが、あおぞらキャッシュカード・プラスは年2回(2月と8月)の自動キャッシュバックなので、還元を取りこぼす心配がありません。

預金の利息の支払いと同時にキャッシュバックされるので、高い利息気分を味わえるかもしれませんね(^^)

国内外のATM

国内外のVisa加盟店で、口座から現金を引き出せます。特に海外では現地通貨での引き出しが可能なので、これは便利そうです(口座から、2.5%の海外取扱事務手数料+換算レートで、現地通貨に両替してくれます)。

入会金・年会費無料

あおぞらキャッシュカード・プラスの取得・所持に関して、入会金や年会費などの費用は一切無料です。この点、楽天VISAデビットカードと比較しても優位性がありますね。

デメリット

本カードに限った話ではありませんが、VISAデビットカードは、一部の加盟店では利用することができません。特に、携帯電話やプロバイダ等の、継続払い契約に関する支払いが、最も一般的な制約になると思います。

繰り返しになりますが、本カードに限った話ではありませんので、それを考慮に入れると、明らかなデメリットは今のところ無さそうに思います。

2枚持ち可能

「みんなの質問・体験談」内のご投稿によると、あおぞら銀行は実店舗とインターネット支店の2つ口座を開設できる=カードを2枚持てるそうです。お財布が複数ある方や、持ち歩きようと自宅用(ネット決済用)などと分けて使えるのが便利そうです。

申込みについて

あおぞら銀行に普通預金口座を持っていれば、資料請求をして切り替えができます。

口座をお持ちでない方は(大半がそうだと思いますが)、口座開設が必要です。

15歳以上であれば、口座開設と同時に自動的にあおぞらキャッシュカード・プラスの申込みとなります。

口座開設に関しては、あおぞら銀行の口座開設のご案内ページをご覧ください。

気になる審査基準は?

個人信用情報機関を参照せず、15歳以上なら高校生でも作れるVISAデビットカードですので、基本は口座開設の審査だけだと思われます。口座開設=Visaデビット発行だと考えると、100%とはいかないまでも、ほとんどは発行されるものと予想されます。

※口座開設の審査
銀行は、口座開設時に簡単な審査を行います。これはクレジットカードの審査とは異なり、テロリストへの資金提供やマネーロンダリングなど、犯罪に関する口座開設をさせないためにも、どこの銀行も必ず行っています。

クレヒスになるか!?

他のデビットカード同様、残念ながらいくら使ってもクレヒスにはなりません。あくまで喪明けまでのつなぎや、サブカード(キャッシュバックが無駄になることが無いため)などとして良さそうです。

まとめ

あおぞらキャッシュカード・プラスは年会費無料なので、年会費のかかる楽天Visaデビットカードに躊躇されていた方 or スルガVisaデビットに落ちてしまった方にもいいかもしれませんね。

あおぞらキャッシュカード・プラス