楽天Visaデビットカード

クレジットカードが作れない!ローンの審査に落ちる!といったクレジットに通らない方の為の総合情報サイト

脱!クレジットカード審査落ち / このカードを推薦します / 楽天銀行Visaデビットカード

楽天銀行Visaデビットカード

※追記2015/8/20:
今春より、個人信用情報機関へ登録するように規約を改定したようです。現時点でオフィシャルサイトでは「誰でも審査なしで持てる」「申込時の審査:なし」等と明記されてはいますが、信用情報に問題がある方はご注意ください。

※追記2015/7/30:
現在はVISAブランドよりも、新しく出た楽天銀行デビットカード(JCB)の方がよさそうです。いずれ別ページを作ります。

※注:こちらは厳密にはクレジットカードではなく、デビットカードです。

Visaデビットカード……と言えば、個人信用情報機関を閲覧する審査が基本的には無いので、クレジットカードが作れない方に適したカードです。……のハズなのですが、Visaデビットの先駆けであるスルガVisaデビットで、審査に落ちる場合もあります(信用情報を見て審査するわけではなく、銀行内の独自基準がやや厳しくなったようです)。

そこで、その他の選択肢として、こちらの 楽天銀行デビットカード があります。その名の通り、ご存じ楽天のグループ会社である、楽天銀行が発行するVisaデビットカードです。

調査したところ、こちらは今のところスルガの様な多数の否決報告はないようです。先ほどのリンク先のページにも「誰でも審査なしで持てるVisaカード!」というコピーがありますので(2015/7/30時点)、おそらくよほどのことが無い限り発行されるはずです。

その分年会費が1000円かかるのですが、銀行自体の使い勝手も良く、同時にキャッシュカードとしても使えるのでお勧めできます。ネット銀行をお持ちでない方は、特にいいかもしれませんね。(ネット銀行は楽天銀行とジャパンネット銀行が有名ですが、楽天銀行は口座維持手数料がないのが魅力です。追記:ジャパンネット銀行も無料になりました)。

カードの特徴

まず、カードの種類には二種類あり、券種によってポイントや年会費が異なります。

  楽天銀行デビットカード(ゴールド) 楽天銀行デビットカード
※便宜上、本ページでは「一般カード」と表記します
国際ブランド VISA(ビザ)
会費 年払い:3,086円/年(税込) 1,029円/年(税込)
ポイント還元率 1,000円につき5ポイント 1,000円につき2ポイント
発行手数料
(再発行手数料含む)
無料 無料
保険 ショッピング保険、盗難保険 盗難保険

楽天ポイントがたまる

このカードの一番の魅力は、カードの利用で楽天ポイントがたまることです。一般カードでも1000円で2ポイント、ゴールドでは1000円で5ポイントの還元があります。

ポイント還元率に直すと、一般カードが0.2%還元、ゴールドが0.5%還元ですね。デビットカードはポイント還元率が0だったり、低かったりするのですが、特にゴールドの方は通常のクレジットカード並の還元率(0.5%)です。

また、ポイント優待デー(不定期で月1回前後)にはポイントが2倍になります。買い物をその日に集中させれば、ポイントがたまりやすくなります。電子マネーのEdyチャージでも2倍になるようので、お使いになる人はかなりお得ですね。

審査基準

審査基準と表記しましたが、もちろん個人信用情報機関を参照する審査はありません。2015/08/20追記:4/20に個人信用情報機関に加盟する旨規約を改訂したようです。現時点ではまだ情報が整理できていませんが、その旨注意が必要です。

発行条件は、以下となります。

たったのこれだけです。

これはスルガVisaデビットとほぼ同様ですが、スルガはある時期を境に審査否決が多くでるようになりました。先ほどのとおり、個人信用情報機関に加盟はしましたが、今のところ楽天ではそのような明確なソースは発見できませんでした。銀行の口座開設ができれば、基本的にはほぼ持つことができるようです。

楽天サイト内でうたっている「誰でも審査なしで持てるVisaカード!」というコピーの通り、本当に審査というステップがない可能性はあります。

個人信用情報機関に加盟したのは、悪徳利用者に制裁を与えるためという理由もあるかもしれません。

申込み方法

楽天銀行の口座をお持ちの方は、アカウントにログインして申込みできます。

まだ楽天銀行の口座をお持ちでない方は、 口座開設 が必要です。口座開設の手続きに続けて、すぐ申込みができます。

楽天銀行デビットカード