クレジットヒストリーとは!?

クレジットカードが作れない!ローンの審査に落ちる!といったクレジットに通らない方の為の総合情報サイト

脱!クレジットカード審査落ち / 審査の基本 / クレジットヒストリーとは!?

クレジットヒストリーとは!?

審査をする上で、非常に重要な影響力を持つのがクレジットヒストリー(略してクレヒス)です。クレジットヒストリーとは、あなたが過去に、どの様に金融商品を利用していたかの履歴の事です。

この情報を良くしていく事が、最も審査落ちを回避する有効な手段となります。このページでは、そんなクレジットヒストリーについてご紹介します。

クレジットヒストリーの作り方というカテゴリも新設しましたので、そちらもよろしければご覧下さい

信用情報が客観的にどのように見えるか

説明よりも、まずは見た方が早いです。実際に個人信用情報を開示した場合の開示書を見てみましょう。これは、CIC(シーアイシー)という、代表的な個人信用情報機関の開示結果です(ちょっと古いですが、今も大体の項目は同じです)。

cicを開示した例1

改めて見ると、ずいぶんと事細かな情報が登録されている事が分かります。

まずはの右下の丸で囲まれた1の部分。「$」やら「‐」やらが並んでいますが、これが過去二年間をさかのぼった支払い状況なのです。

入金状況(お支払いの状況)マークの解説

では、ここに表示されるマークを解説します。(引き続きCICを例にします)

「$」
当月の請求額どおり入金されたもの(それ以上の入金も含む)手持ちカードが少ない人はこれを目指すのがよいでしょう。
「A」
お客様のご事情で入金がなかったもの(未入金)これが一つでもあると、かなり信用がダウンします。延滞しないように注意しましょう。
「-」
当月、請求もなく入金もなかったもの。これは問題ありません。
「B」
お客様以外の理由で入金がなかったもの。
「C」
入金されていないが、その原因が明らかでないもの
「P」
当月の請求額の一部を入金されたもの(一部だけの入金なので、これもあまり良くはないはずです)
「R」
お客様以外から入金があったものなど
「Q」
請求額に対して全額以上か一部か判断できないが入金されているもの
「 」
クレジット会社から情報の更新がなかったもの
(例えば、クレジットの利用がなかった場合)これは問題ありません。

たくさんあって分かりづらそうですが、実際には「$」「A」「-」「 」を覚えておけば良いでしょう。これ以外がついていたとしても、ほとんどネガティブな情報です。この各種記号を、開示書に当てはめて見てみましょう。

1.可も無く不可も無くな例

可も無く不可も無くな状況

これは、先ほどの開示書の支払い履歴です。これを見て分かる事は、つい最近はちょっと使われているけれども、半年以上前は請求も入金も無かった、つまり利用されていなかったと分かります。可も無く不可も無くと言ったところです。ただし延滞はありませんので、別に悪いとも言えません。そのクレジットカードの所有年数が長ければ、それなりの信用となるからです。

2.延滞があり、印象が悪い例

悪い状況

約一年前と二年前に、延滞を意味する「A」マークが2度も付いており、良くないクレジットヒストリーと言えます。これ1枚だけのクレジットヒストリーであれば、おそらくクレジットカード会社で審査に通らないケースも多いでしょう。もしあなたが、過去に2度も約束の日にお金を返さなかった人から「お金を貸して」と言われても、ちょっと考えてしまうのと同じ事です。

3.毎月使っていて延滞が無い事が分かる例

優良な状況

毎月利用があり、かつ正常に支払いが行われた証拠である「$」マークがずらっと並んでいます。当然ですが、よくクレジットを利用するアクティブなお客であり、しかも支払いがキチンと守れる人であろうと想像ができます。ずばり当サイトで推奨しているのはこれです!この「$」マークを並べたカードが複数あれば、非常に良好なクレジットヒストリーと言えるのです。クレジット会社から「この人なら、お金を貸してもきちんと返してくれるだろうな」と思われるようなヒストリーを積み重ねましょう。

……ただし、実はこの「$」マークを並べるのは、どのクレジットカードでもできるという訳ではありません。このカテゴリは基本をご紹介するカテゴリなので、クレジットヒストリーを作ることに関して詳しくは触れませんが、より詳細にお知りになりたい方は、クレジットヒストリーの作り方のカテゴリをご参照ください。

その他支払いの状況

その他にもいろいろ分かる事がありますので、ご紹介したいと思います。ちょっとここで、上でご紹介した図に戻ってみます。

cicを開示した例1

その他にも、キャッシングの残債額や次回請求額が分かる2や、返済状況3があります。$を更新しない会社でも、2で残債額・請求額・入金額が適切にあれば、クレジットカードを使っているんだなという事は分かりますが、直前のものだけです。これと$を併せて、さらに印象を高める事ができます。

他に問題になる可能性があるのは3の返済状況です。ここには通常「成約」と書いてあるのですが、大きな延滞や、破産宣告をされると「異動」という二文字が付きます。そのような状態になると、クレジットカード等の審査はまず通りません。この情報は最低でも5年は残り、俗に「ブラックリスト」状態と呼ばれます。

この状態になってしまったら、「異動」情報が消えるのを待つ以外ありません。残念ですが、どのようにしてもクレジットカードの取得(他に消費者金融の借り入れ・各種ローンも同じ)は無理です。そんな方には、正確にはクレジットカードではありませんが、個人信用情報機関の審査が無い、国際ブランド付きデビットカードで耐えるといいでしょう。

信用情報が真っ白の場合

これまでは、信用情報が登録されていることを前提にお話ししてきました。しかし、クレジットを契約したことが無い方や、最後にクレジットを解約してから5年が経過した契約情報などは、信用情報として、登録されていない場合があります。

全く信用情報が無い状態は、ホワイト情報・スーパーホワイトなどと言われる状態で、じつはかなり審査的にはマイナス要因になります。特に、年齢が上がるほどに、ホワイト状態は審査が厳しくなります。

ホワイトが審査が厳しくなる理由

その理由は、過去にトラブルがあった可能性をクレジット会社に疑われてしまうからです。

重大な延滞やクレジットカード強制解約、自己破産などをした結果、一般的には少なくとも5年はクレジットは契約できません。その結果、信用情報が真っ白になってしまうのです。

実際には、その様な状況の方とは別に、ただ単にこれまで現金払いで、クレジットを契約していないだけの人のケースもホワイトになります。しかし、年齢が上がるごとに、一般的にはクレジットを契約したことがある可能性が高くなるということで、前者である疑いがかけられてしまうのです。

現金主義を貫いていた方にはとんだ災難になりますが、いずれにしても、年齢が上がるにつれ、信用情報ホワイトは、審査が厳しくなることは間違いありません。

……とはいっても、うまくクレヒスを作ればホワイト状態でもクレジットカードが作れるケースが多いのでご安心くださいね。