多重申込

クレジットカードが作れない!ローンの審査に落ちる!といったクレジットに通らない方の為の総合情報サイト

脱!クレジットカード審査落ち / 審査の基本 / 多重申込が審査に落ちる理由

多重申込が審査に落ちる理由

ブラックではない、一般の人が審査に落ちてしまう原因の大きな理由の一つに、「無茶な申し込み方をしている」という事が挙げられるでしょう。あなたはここ半年の間に、何件の金融商品を申し込みましたか?思い出しながらご覧ください。

用語説明

まず用語から説明しますが、多重申込とは、短期間の間に、クレジットカードやショッピングローン、カードローンなどの金融商品を何度も申し込みする事を指します。そして、その件数が多ければ多いほど、審査に通りにくくなるのです。

たいていの方は、「クレジットカードを申し込む⇒なぜか落ちてしまった⇒必要なので、他を申し込む⇒また落ちる」を繰り返し、その件数がどんどん増えてきます。必要だから通るまで申し込む…というお気持ちはわかりますが、それを繰り返すと、さらなる悪循環にはまっていってしまうのです。

1件目の申し込みであれば通っていたものが、多重申し込みのために通らなくなる……なんてこともあるのです。

カード会社からみた多重申込の人は?

解決策の前に、カード会社からは、この状態が、いったいどのように見えているのか理解しておきましょう。当サイトの個人信用情報機関についてはもうご覧になりましたか?金融商品の申し込みをすると、その「申し込みをした事実」が、個人信用情報機関に登録されるのでしたよね。つまり、たくさん申し込んでしまうと、ここに「申し込みをした事実」がたくさん掲載されてしまうのです。(※その情報は、照会情報とも呼ばれます。)

なにがいけないの?

たくさんの会社に多重に申し込みをすると、「金策に困っている」「自転車操業をしている」「全額利用して自己破産を目論んでいる」などと勘違いされる恐れがあります。クレジットカード会社は、貸し倒れなど、損失が出る事をできるだけ避けたいと思っています。営利企業ですから、それは当たり前ですよね。すなわち、損失が出るリスクが高まると、発行の見送りーつまり審査落ちの可能性が高まってしまうのです。

また、申込みした件数はカード会社が把握していると述べましたが、同時に審査に通ったのか、落ちてしまったのかも、カード会社は推測する事ができます。なぜなら、まず申し込みをした際に、その事実が登録されます。これが一つ目です。その後、審査落ちした場合は、そのまま信用情報に追加はされないのに対し、審査に通った時は、改めて成約情報というものを載せるのです。

つまり、「申し込みの事実」があるのに、その後に「成約情報」が載っていないと、審査に落ちたんだなという事が、容易に推測されてしまうのです。捨てる神あれば拾う神ありとはいいますが、この場合はあてはまりずらいでしょう。他社が見送っている件数が多いほど、警戒されてしまう可能性が高まるのは容易に想像できることです。

どうすればいいか:対策

「申し込みの事実」が残ってしまうのがまずいなら、どうしたらそれが消えるんだろう…と思いますよね。そうです、「申し込みの事実」が消えてしまえば、多重申込では無くなります。しかし、残念ながら、それは人為的に消す事は不可能です。

半年間がキーワード

情報が消えるのには(正確には、カード会社から見えなくなるのには)、時間に解決してもらうしかありません。具体的には、申し込み情報が登録されてから、半年間は情報が残ります。ですので、過去半年間に多くの金融商品を申し込まないように、注意が必要なのです。

何件までならOK?

これはあくまでも噂ですが、○件以上の申し込み履歴があった時点で、容赦なく落とすという会社もあると、耳にした事もあります。少なければ少ない程有利になることは明白です。一件申し込み履歴が増えれば、その分、審査が厳しくなると思っておかれると分かりやすいでしょう。

具体的な件数は各社の判断ですので、決まりがあるわけではありませんが、半年以内に3件くらいならまだ大丈夫でしょう。10件を超えてしまうと、さすがに厳しいと言わざるをえません(それでも絶対落ちるとは言えませんが)。それでは通るものも通らなくなってしまいます。延々と申し込みをするよりも、「○件まで!」と自分で線引きをして、それ以上申し込み履歴が残ってしまったら、6ヶ月我慢する事も重要です。さあ皆さんも、ここ6ヶ月の間に、何件申し込みをしたか、今一度数えてみてください。